生きる為に必要とされる生活費とは

生きて行く中で、必要な生活費。生活費とは、「生計費」や「家計費」とも呼ばれ、家計において日常生活を維持するのに、必要な費用(コスト)を言います。

これは、個人や家族が、生活水準を維持するのに日々必要とする財。サービスを購入する為の費用であり、生きる為に不可欠な支出となっています。毎日毎日生きてく中で、何かしらお金はかかってくるものです。タダで生きる事は出来ません。

その生活費を稼ぐ為に日々人は働いて精一杯生きています。ます、その仕事をするのにも毎日お金がかかってます。職場が徒歩圏内であればいいのですが、中々そうもいかないですよね。そうなれば、当然交通費がかかります。自家用車であれば、ガソリン代がかかりますし、電車やモノレールであれば、電車賃などがかかってきます。

これだけでも月の計算にしたら大変な額になります。しかし、中には交通費・通勤手当を出してくれる会社もあります。交通費の手当てを貰うだけで、月の出費は大分変わるので助かりますね。私の個人の中で一番大きい出費が「食費」。食費は本当に馬鹿になりません。でも、生活費を節約すると言ったら、まずは食費からです。

節約と言っても貧相に食べるわけではなく、その日安売りしてる物から選んで買ったりしてなるべく金額を抑えたりする、節約法です。生活費を把握する上で、よく家計簿を付ける方が多いと思いますが、「固定費」と「変動費」に分ける事がコツです。

固定費は、住居費<家賃、住宅ローン)、公共料金(水道・電気・ガス)、情報通信費(固定電話、携帯電話、プロバイダー等)、新聞費、車代(ガソリン代、駐車場代)、子ども(教育・養育)、各種保険料などです。 変動費は、食費、物品購入費(日用品・衣類)、交通費、交際費、娯楽費、医療費、こずかい、冠婚葬祭費などです。その他に、税金や社会保険料などもかかてきたりしますが、その負担は結構大きいです。ざっと見てですが、固定費よりも変動費の方が意外にかかってきたりします。 特に仕事をしてる人は、同僚や上司との付き合いで飲みに出かけたり、ゴルフに行ったりします。また外食をしたりなどしたら大分月の出費は変わってきます。生きてく上で必要な生活費。「働かざる者は食べるべからず」という言葉がある様に、生活を快適にする為にもしっかり働きしっかり休みましょう。