明確に細かくする生活費の内訳

生きてく中で、必要不可欠な生活費。

毎日生活して行く上でお金は、大切な物です。

しかし、毎月毎月変動がありますね。

ぴったりな家はないと思います。

では、その生活費の内訳を見て行きましょう。

家族構成として、4人家族の1カ月の生活費の設定でします。

4人家族の生活費のおよその内訳です。

固定費としてますは、「光熱費」(電気・ガスです)12000円から17000円の間の家庭が平均です。

この光熱費の内訳に関しては、電気代とガス代が含まれておりますが、「オール電化」家庭だったり「プロパンガス・都市ガス」の家庭であったりと、契約状況によって多少の誤差は出てくる様です。

「水道代」1カ月あたり、3500円から5000円という家庭が平均です。

水道代の請求は2カ月に1度なので、平均すると請求の際1万円程度です。

節水コマなどを利用して、節約してる家庭もいるみたいです。

また、水道代は、住んでる地域によって安かったり高かったりします。

引っ越しの際は、こういった面も確認しておいた方がいいかもしれません。

「通信費」16000円から20000円前後が多いようです。

こちらは、両親二人の携帯代+家庭のPC・プロバイダや有料チャンネルの料金がほとんどの為、契約の状況によって大分変わってきます。

「食費」40000から60000円が平均です。

旦那さまの職業や、お子さんの年齢によっても左右される様です。

2歳の子どもと小学生・中学生の子どもの食べる量は、あきらかに違いますからね。

肉体労働のご主人がいる家庭の場合は、やはりよく食べる点から食費は高くなって行くようです。

「日用品・雑費」20000円程度。

掃除用具や子どもにかかる急な出費など、どの家庭も毎月予想外の出費は多少覚悟はしていると思います。

「保険代・医療費」28000から40000円ほどが平均です。

ご主人の保険を手厚くしてる家庭などは、ここで大きく差が開くようです。

また、医療費に関しても、子どもは基本0円の地域が多いですが一旦自己負担になります。

大人は、保険を引かれて3割負担。

小さいお子さんが居るところは、毎月病院に通ってるという方も多いはずです。

季節の変わり目などは、体調も崩しやすくなるので、寒くなる時期は、病院に行く回数も自然と増えそうです。

「夫婦おこずかい」30000円が平均だそうです。

こちらも、毎日弁当のご主人の場合は、おこずかいが少なかったり、タバコやお酒をたしなむ家庭は多かったりと、家庭ごとに差が激しいカテゴリーになると思います。

お酒を飲むと、交際費や娯楽費などで出費が大きくなる事から、それなりのおこづかいがあるのでしょう。

毎日お弁当のご主人も何か欲しい物を一つでも買ったりして、モチベーションを上げるのもいいですね。

毎月固定でかかってくる通信費や、保険料をへらす事は難しいですが、食費や光熱費は、使い方次第で節約出来るものなので、あまり贅沢せずに賢く使う事によって、少しずつ貯蓄を増やしていけるといいですね。