領収書を見直し生活費の計算

生活費を計算する時は、大体の方がレシートを取って、家計簿に付け、毎月の光熱費や家賃、通信費など必ず出る物と合わせて合算すると思います。

しかし、毎月の生活費を把握するのは、中々根気のいる作業で、家計簿を付けようと思っても三日坊主になってしまう人や、なんとなくお金を使ってる人は、自分が毎月いくら使ってるのか分かってないと思います。

毎月の食費は、全体でいくらかかってるかだけではなく、それぞれの費目で、そのくらいかかてるのか把握するのがおススメです。

何にいくら使ってるのかを把握しておけば、もし生活が苦しくなってもどこを削ればいいのかが、見えやすくなってくるからです。

住居費・水道光熱費・通信費・生命保険の保険料・ローン返済・食費・日用品代・雑費・交際費・冠婚葬祭費・医療費・子ども費など生活費の内訳を見て行きます。

分からない部分は、とりあえず概算で家賃や銀行引き落としのものは、通帳を見れば金額が分かります。

家計簿を付けてない人は、いくら使ってるかまったく分かりません。

そんな人はとりあえず、現金で出て行くお金はまとめて「現金支出」としてとらえましょう。

通帳を見て現金で引き出してるものを見て、いくら使ってるのか確認して下さい。

ちなみに、家計簿を付けるのが苦手な人は、VISAデビットカードを使うのがおススメです。

最近CMでも見る様になりましたが、VISAデビットとは、クレジットカードと同じ様にお店でカード決済ができるものです。

クレジットカードと違い「後日請求ではなく、カードを使った時点で、口座から引き落としされるので、うっかり使い過ぎてしまう事はありません。

また、デビットカードを使っていると、クレジットカードと同じ様に明細が見られるので、家計簿を付けなくても何にいくら使ったのか分かるようになります。

書くのが苦手な方でも、この明細があれば一目了然なので、安心です。

ここまでは、現状としていくらぐらい使ってるのか、という事を見てきました。

でも、まだ節約出来るとこがあったり、一定時期なら我慢出来る支出というものがあるはずです。

転職する際、しばらく無職に」なる期間ができてしまう事もあると思います。

その際も「最低いくらあれば生活できる」というのが分かっていれば、貯蓄残高と相談して、「なんでもいいからすぐ仕事を決めてるか、もうちょっとしっくり粘ってみるか」という計算も出来ます。

また、持病があってしばらくがっつり働けなくなってしまっても、最低限いくら稼げば生活出来るのか分かっていれば、正社員でなくてもバイトにしたり、勤務時間に短い仕事も選びやすくなります。

そぞれぞれの項目に関して、「頑張ればこれぐらい減らせる」という目安の金額を計算してみましょう。

この時、短期間と長期間に分けて考えるのがおススメです。

転職の為に三カ月無収入になる、というようなケースだと、三か月だけ節約生活をすればいいので、生活費をぐっと抑える事が出来ます。

一方子どもが生まれるからしばらく働けないなど、長期間に渡って収入が減る事は予想される場合は、あまりきつい節約をすると続きません。

体調を崩す恐れがあります。

長期間続けても、問題ない様な節約に留めておきましょう。

こうして、自分はいったいいくらあれば生活できるか分かれば、仕事を探す時もスムーズに探しやすくなりますから、ぜひ計算してみて下さい。